【DX】データサイエンスとは?データ収集や分析を効率化

データサイエンスとは

データサイエンスとはデータを用いて社会に有益な知見や洞察を導き出すアプローチのことです。近年ではデータを活用し顧客やユーザーから求められている課題を見出し、ビジネスに役立てようとする企業が多くなりました。本記事ではデータサイエンスとは何か、データサイエンティストの役割とデータ収集分析を効率化する方法を簡単に解説します。

LINEで送る
Pocket

目次

データサイエンスとは

データサイエンスに企業が注目する理由

いま企業から注目を集めるデータサイエンス。データサイエンスは、データ科学とも呼ばれます。
データサイエンスとは、データを用いて社会に有益な知見や洞察を導き出すアプローチのことです。

近年では自社が保有するビッグデータのなかから、有益なデータの分析や解析をおこなうことで、顧客やユーザーから求められている課題を見出し、ビジネスや事業に役立てようとする企業が多くなりました。

業務を進める上で、顧客管理システムや営業ツール、マーケティングツールの導入がすすんでいますが、それらのシステム内には多くのデータが蓄積されるようになりました。蓄積されたそれらのデータを活用することは、新たなニーズを発掘し、幅広い対応や新規顧客の獲得、既存顧客の満足度を高めることに繋がります。これが企業がデータサイエンスに注目するもっとも大きな理由です。

高まるデータサイエンティストの重要

データサイエンティストとは

データサイエンスに注目する企業が増えたことにより、需要の高まりを見せたのがデータサイエンティストです。

蓄積されたデータを活用し、業務の効率化はもちろん、顧客満足度の向上、新たなサービスの発掘に役立てるための戦略を立てられるデータを扱う人材として「データサイエンティスト」が注目されるようになりました。

データサイエンティストは、ビジネスや事業、自社製品における課題の抽出データの収集分析、そして分析結果をもとに新たなアプローチの提言おこないます。また、データを正しく分析するにあたっては、数学や統計学といった学問的知が必要になります。

①ビジネスや事業、自社製品における課題の抽出

まずは課題を洗い出し、優先順位付けをおこないます。そして取り組むべき課題のゴールを明確にし、それを達成させるための仮設を立案します。これまではコンサルティングファームに依頼している企業が多かったこの部分ですが、最近ではデータサイエンティストが担うことが多くなっています。

②データの収集・分析

次に行うのが、データの収集作業です。自社で活用している顧客管理システムや営業支援ツールといった業務システムなどから、分析のもととなるデータを収集します。このデータの収集作業は人手でおこなうには工数がかかりすぎるために、iPaaSやRPAを活用して収集する企業が多いです。

データを収集したあとは、それらのデータを分析します。分析作業は、有益なデータを見つけるための作業です。データのクレンジングやデータ加工をおこなうことで仮説検証に必要なデータを整えていきます。

③分析結果をもとに新たなアプローチの立案

これらの作業を終えたら分析結果をもとに新たなアプローチを立案していきます。分析結果をレポート化し、課題の解決策や取り組むべき施策を提言していきます。

データサイエンティストは、どのようにすれば自社の抱える課題を解決できるかを導き出すことが仕事です。
データをもとに分析し、提言することが重要となるため、市場や課題を把握し、課題点を抽出するなどのスキルが必要となります。

自社にデータサイエンティストがいない場合であっても、これらの内容を事業開発メンバーがおこなうケースは少なくありません。

そしてデータサイエンスに必要となる、データの収集・分析、レポート作成について、iPaaSやRPAをおこなうことで効率化・自動化が可能です。

【関連記事】営業生産性を200%成長させるために、あらゆるムダをゼロにし、事業をスケールさせる方法を解説

データ収集・分析を効率的におこなう方法

iPaaS,やRPAを活用する

データサイエンスでは莫大なデータを扱うため、収集や分析を人手でおこなうには多くの工数がかかります。
iPaaSやRPAを活用することで自動的にデータの収集やクレンジングを行い、必要データの可視化やレポートの作成を可能にします。

データサイエンスを実行する際には、iPaaSやRPAの活用も検討しましょう。

▼簡単に解説!iPaaSとRPAとは?

項目iPaaSRPA
課題領域データやシステム連携・統合管理定型業務の自動化
ソリューションAPI連携の包括的なプラットフォームロボットに人の作業を代行
主要機能・他サービスとの連携コネクタ
・ワークフローエンジン
・連携設計・実行ログの統合管理
・PC操作の録画・再生
・画面上の要素認識
・アプリケーションの起動・操作
メリット・リアルタイムでデータを同期・連携
・PCの表示画面に依存せず連携可
・繰り返しの作業をミスなく行える
・デスクトップアプリの操作に対応
デメリットAPIが公開されていないと、そもそもシステムを連携できないPC画面が複雑で変更が多いと、操作がストップするおそれ

自社に最適なサービスを選ぶためにも、広く情報収集をして、ベンダー(販売元)と相談しながら決めるのがおすすめでです。

DXhackerを運営するBizteXでは、iPaaS「BizteX Connect」、クラウドRPA「BizteX cobit」、デスクトップRPA「robop」を提供しています。自社でどのように運用できそうか、ご興味がある方はぜひお気軽にお問い合わせください。

BizteX Connect 資料ダウンロード

【問い合わせ】データサイエンスに役立てるデータ収集・分析作業の効率化や自動化について【相談無料】

DX hackerは、業務自動化ツールを開発するBizteXが運営しています。増えすぎたSaaSツールの連携や基幹システムとクラウドシステムをまたぐ業務自動化など、新たな業務フローの構築をご検討中の方はお気軽にご相談ください。データ収集・分析作業の効率化や自動化、業務改善に関することなど、御社のお悩みをお聞かせください。

セミナーのご案内

LINEで送る
Pocket

この記事の執筆者

DX hacker編集部のアバター
DX hacker編集部

DX hacker編集メンバーが不定期で更新します。
DX推進や業務自動化に役立つ最新情報やすぐに使えるノウハウまで、わかりやすくご紹介します。

  • URLをコピーしました!
目次