AI OCR『SmartRead』とその他ツールをAPI連携して自動化を図ろう【BizteX Connect】

SmartRead(すまーとりーど)はOCR市場の中でいま高い関心を集めるツールです。Googleドライブやbox、Chatwork、Slack等とのシステム連携で更なる効率化を実現します。本記事では現場の業務担当者でも簡単にAPI連携を可能にするiPaaS『BizteX Connect』を用いた自動化例を紹介します。

LINEで送る
Pocket

目次

SmartReadとは

https://www.smartread.jp/

AI OCR『SmartRead』は従来のOCRの技術にAIの技術をかけ合わせたOCRツールです。 AI独自のDeepLearning(ディープラーニング)機能を取り入れることで、これまでOCRの課題となっていた文字認識の精度の低さ読取位置の調整チェック作業といった非効率な業務をカットできるようになりました。

SmartReadでは、AIならではのディープラーニングによって、 これまでは困難とされていたさまざまな認識を実現しています。

また、認識精度が向上したことにより、癖文字や達筆といった従来のOCRでは読取が難しかった文字であっても問題なく認識し、かすれ文字などに関しても問題なく読み取れます。
このほか、ドキュメントの種類を自動で判別・仕分けしたうえで、さまざまな活字や手書き文字を読み取り可能。さらには複数言語に対応しているだけでなく、スキャンしたドキュメントをPDF変換するなど業務効率化にも寄与します。

【関連記事】>>AI-OCRとは?基本をわかりやすく解説!おすすめのシステムも紹介

これだけでも十分便利なSmartReadですが、さらに上手に活用したい場合、iPaaSとの併用でより実用的なソリューション連携を実現します。

『SmartRead』×『BizteX Connect』API連携

BizteX Connect』を用いることで、以下の作業の自動化を実現します。

■読み取ったデータをCSVで自動でダウンロードする
■新規読取ページを自動で追加する
■仕分けユニットに、ファイルを自動で追加する
■読取ユニットにファイルを自動で追加する

iPaaS『BizteX Connect』について、以下で詳しく解説していきます。

>>連携事例記事を読む

iPaaS『BizteX Connect』とは

OCRとの連携で電子帳簿保存法改正対策をしよう

iPaaS『BizteX Connect』は、プログラミングの知識がない方でも、簡単に操作することができるシステム連携ツール。“複雑なシステム連携をシンプルに”をコンセプトに開発されているため、誰もが簡単にSaaSやDB、RPAなどの接続・連携ができるようになります。

接続にはAPIを利用するため、確実で安全な連携やデータの高速処理を可能にします。さまざまなシステム連携をクラウド上で一元管理することで、常に変化し続けるビジネス環境に柔軟かつ迅速に対応できるワークスタイルを実現します。

iPaaS『BizteX Connect』の特徴

OCRとの連携で電子帳簿保存法改正対策をしよう

iPaaSが実現する効率化①:アプリをつなぐ

APIを利用し、クラウド・オンプレなど、複数のアプリやシステムを確実かつ安全に連携します。

iPaaSが実現する効率化②:データをつなぐ

アプリ(システム)間のリアルタイムでのデータ同期を実現。
重要資産であるデータ活用を強力にサポートします。

iPaaSが実現する効率化③:フローをつなぐ

異なるアプリ(システム)間をまたぐビジネスフローの設計・運用を可能にします。

『SmartRead』とその他ツール連携で電子帳簿保存法改正にも対応!

SmartReadとその他システムを連携することで、さまざまなメリットを得ることができますが、2022年に改正される電子帳簿保存法への対応もそのひとつです。

>>連携事例記事を読む

【図説】電子帳簿クラウドシステムを活用して、メール本文・添付データ・画像データを自動で電子保存するフロー

2022年の電子帳簿保存法改正の要件もこれらのシステムを導入することで、手間なく対応することができます。

OCRとの連携で電子帳簿保存法改正対策をしよう

具体的な各システムの連携の流れは上のとおりです。

メール/FAXで届いた添付ファイルをファイルフォルダに自動格納
・メール本文・必要項目を転記し、ファイルフォルダに自動格納

 PDFや画像データを文字データに変換
・文字データのファイルをファイルフォルダに自動格納
・社内管理システムに自動転記
・社内チャットにデータ起こし終了を自動通知


このように、システムの導入で、業務の効率化を実現。人の手を介さずに、業務を遂行できるため業務時間の大幅削減も見込めます。

あわせて読みたい
【わかりやすく解説】2022年電子帳簿保存法改正のポイントとは?紙保存廃止で経理業務のペーパーレス化... お知らせ【2021年12月10日発表 電子帳簿保存法改正の「電子取引」義務化に、2年の猶予が設けられました】 2021年12月10日に公表された令和4年度与党税制改正大綱におい...

【図説】iPaaSを用いた『SmartRead』関連業務自動化例

①『Gmail』・『SmartRead』・指定のフォルダを連携

自動化例▶メールに添付された各種書類を文字データ化し、指定フォルダへ自動で保存

メールで送付された各種書類を自動で文字データ化し、指定のフォルダへ保存します。
これにより、経理などの事務業務に割いていた処理時間を大幅に削減します。

②『SmartRead』・『box』・『Slack』を連携

自動化例▶画像データを文字データ化し、boxの指定フォルダに自動保存。完了後、チャットに自動で通知

紙書類や画像データを自動で文字データ化し、box内の指定フォルダに自動で保存します。保存完了後には、SlackやChatworkなどのチャットツールに自動で通知。指定のグループに自動で通知するため、共有漏れを防止します。

③『box』・『SmartRead』・『Slack』/『Chatwork』を連携

自動化例▶画像データのフォルダ格納後、異なる形式の書類を自動で仕分けし自動で読み取りを開始。完了後、チャットに自動で通知

boxやGoogle Driveなどのストレージに複数帳票を格納すると、自動で仕分け・自動で画像データの読み取りを開始します。また作業完了後にはSlackやChatworkなどのチャットツール内指定グループに、自動で通知します。

【無料トライアル】『SmartRead』とその他ツールの連携はiPaaS『BizteX Connect』が実現します

iPaaS『BizteX Connect』は、無料トライアルを実施中です。

無料トライアルでは、すべての機能を実際にお試しいただけるだけでなく、メールでのサポートや操作レクチャーもご利用可能です。

また、2週間のトライアル期間でご利用になられたアカウントは、本格導入時にもそのまま引き継ぐことが可能です。ぜひお気軽にお申込みください。

【関連記事】>>【業務自動化】Chatworkと他システムをAPIを使って連携【BizteX Connect】
【関連記事】>>【業務自動化】『kintone』と他システムをAPIで連携!【BizteX Connect】

【問い合わせ】業務自動化・効率化のご相談はこちらから

DXhackerを運営するBizteXでは、誰でも簡単に扱えるプログラミング不要なiPaaS『BizteX Connect』を開発・提供しています。

中小企業さまから大手企業さままで豊富な導入実績があり、万全のサポート体制によりお客さま満足度が非常に高いのが自慢です。

iPaaSや業務効率化、業務の自動化、業務改善に関すること、その他クラウドサービス(RPAやAI-OCR、受発注システム)のことなど、御社のお悩みをお聞かせください。

業務自動化・効率化のお悩みは、ぜひお気軽に下記よりお問い合せください。

セミナーのご案内

LINEで送る
Pocket

この記事の執筆者

DX hacker編集部のアバター
DX hacker編集部

DX hacker編集メンバーが不定期で更新します。
DX推進や業務自動化に役立つ最新情報やすぐに使えるノウハウまで、わかりやすくご紹介します。

  • URLをコピーしました!
目次