今さら聞けない!インターネット広告運用でよく使う言葉の意味を解説

広告運用でよく使う言葉を解説

近年、企業のマーケティング活動においてインターネット広告の出稿は必須となっています。インターネット広告には様々な種類があります。CPAやCPCなど英文字の頭文字で表されることや、リンクジュースやバナーなどカタカナが多く、戸惑う場面もあるでしょう。本記事では今さら聞けない、主なインターネット広告用語を解説します。

LINEで送る
Pocket

目次

インターネット広告運用で必ず使う用語の意味

インプレッション/Impression

広告の表示回数

CPM/Cost Per Mille

1000インプレッションあたりの価格

CL/Customer Loyalty

顧客の信頼度、愛着度

CPC/Cost Per Click

1クリックあたりのコスト

eCPM/effective Cost Per Mille

クリック課金型の広告など、インプレッション課金ではない広告のCPM調整費用

CTR/Click Through Rate

広告が表示された際に、クリックされた割合

CVR/Conversion Rate

顧客転換率

CPA/Cost Per Action

顧客獲得単価

ROAS/Return On Advertising Spend

広告費用対価

CPL/Cost Per Lead

リード/見込客を獲得する際にかかったコスト

CPV/Cost Per View

動画広告の指標で、視聴一回あたりのコスト

PR/Google PageRank

Google独自の評価基準で付与されたWebページの重要度の指標

リンクジュース/Link Juice

Webページのリンクの価値。リンクを受けた本数や品質、関連性が関係する

PV/Page View

ページビュー。Webページが閲覧された回数

UU/Unique Users

ユニークユーザー。決まった計測期間内にWebサイト、ページに訪問したユーザーの数を表す数値。
複数回訪問した場合も1ユーザーとしてカウント

キャンペーン

見込み顧客の特定や獲得から成約、離反防止や継続的購入促進などの取り組みまでのマーケティングコミュニケーション全般のプロセス

純広告に関する用語の意味

純広告/Pure Advertisement

広告主がWebなど媒体の広告枠を買い取って掲載する広告。

バナー広告

バナー画像による広告

テキスト広告

文字・文章による広告

メール広告

メール配信登録を行っているユーザに表示される広告

時間帯指定配信広告

特定の時間に配信する広告

ターゲティング広告

性別、年代などでターゲットを絞る広告

エリアターゲティング広告

特定の地域に絞った広告。IPアドレスや都道府県別で配信することが可能

行動ターゲティング広告

Cookieを利用して検索履歴やページ閲覧履歴クリック履歴などをもとに配信することが可能

広告運用関連用語の意味

プログラマティック・バイイング/Programmatic Buying

運用型広告ともいわれる。バナーなどインターネット上の広告枠がデータに基づいてリアルタイムに自動買い付けされる。広告枠を持つサイト運営者や広告主が事前に入札条件を登録することで、ターゲットとなる顧客がそのサイトにアクセスした瞬間に広告の自動入札が行われる

アドベリフィケーション/Ad Verification

DSPなどを使って配信した広告が広告主のイメージ低下を招くようおなサイトに配信されていないか、もしくはユーザが錦できる場所に適正に掲載されているかを確認して配信をコントロールする広告ツール。
自動的に意図しないサイトへの広告表示を防止できる

アトリビューション分析/Attribution Analysis

広告などのあらゆる接点・行動の最終的な成果への貢献度を正しく評価するための分析手法

レスポンシブ・ウェブデザイン/Responsive Web Design

パソコン用に作られたWebページを自動的にスマートフォンやタブレットなどに最適化して表示する
デバイス毎に異なるページを作成する必要がなく、ページのレイアウトデザインが自動的に調整される

あわせて読みたい
【DX】広告運用業務を自動化する方法とは?確認・レポート作成の工数を大幅削減【RPA・iPaaS】 【広告運用業務の流れと自動化を検討すべき業務】 1.案件発生2.企画制作3.広告出稿の運用改善4.定期レポートの作成、提出(送付)5.月次レポートの作成、提出...

「広告運用業務の自動化をはじめたい」まず取り組むべきことは

業務の自動化にあたり、何から取り組んでいけばよいのかわからないといった方も多いでしょう。そういった場合には、まず、業務フローを可視化させることがポイントです。

そうすることで、このシステムとこのシステムの連携が必要だな、という点が見えてきます。業務をまるまる自動化することをゴールに置くのはよいですが、まずは、ミニマムスタートではじめ、一つひとつの作業の自動化を進めながら、範囲を広げていくということが、業務自動化成功のカギとなります。

BizteXでは、簡単なアンケートに回答するだけで、現状の業務体制が把握できる無料サービス「業務自動化診断レポート」を提供しています。不要な業務や過剰な業務を減らし、さらに時間コスト削減の効果を実感できるアイデアと、無駄な作業を可視化したレポートを作成します。ぜひご活用ください。

>>【無料】業務自動化診断レポート<<

【関連記事】>>パソコン業務を自動化するデスクトップRPA「robop」とはRPAについて問い合せる無料トライアルを試す

RPAの活用事例

【お問い合せ】広告運用における業務自動化・効率化のお悩みは、お気軽にご相談ください【相談無料】

BizteXでは、システム連携プラットフォームiPaaS「BizteX Connect」国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」デスクトップRPA「robop」の開発・提供しています。 中小企業さまから大手企業さままで豊富な導入実績があり、万全のサポート体制によりお客さま満足度が非常に高いのが自慢です。

iPaaSやRPAの導入に関するお悩みはもちろん、業務効率化や業務の自動化、業務改善に関することなど、御社のお悩みをお聞かせください。

些細なことでも構いません。ぜひお気軽に下記よりお問い合せください。

セミナーのご案内

LINEで送る
Pocket

この記事の執筆者

DX hacker編集部のアバター
DX hacker編集部

DX hacker編集メンバーが不定期で更新します。
DX推進や業務自動化に役立つ最新情報やすぐに使えるノウハウまで、わかりやすくご紹介します。

  • URLをコピーしました!
目次