IT部門が直面するシステム連携の障壁:効果的なアプローチと最適化の方向性

システム連携の障壁

LINEで送る
Pocket

DX(デジタルトランスフォーメーション)の波が高まる中、企業内のシステム連携は、ビジネスの俊敏性と柔軟性を左右する重要な要素です。
この連携をスムーズに行うにはどうすれば良いのでしょうか。また、どのような問題が生じやすいのでしょうか。
本記事では、システム連携においてIT部門が直面する典型的な問題と、それを解決するための戦略や、業務効率を向上させるための具体的な手法について解説します。

目次

システム連携の現場で直面する実現方法の多様性

システム連携は、異なるシステム間の情報のやりとりをスムーズに行うための手段として、多くの企業や組織で実施されています。
しかし、その実現方法は一つではありません。技術の進化やビジネスニーズの多様化に伴い、連携の方法も多岐にわたります。

APIを活用した連携

API(Application Programming Interface)は、システム間の橋渡しとして機能するものです。
データの即時取得や更新、さらにはサードパーティのサービスとの統合など、リアルタイムでの連携が必要な場面で頻繁に用いられます。
これにより、ユーザーが最新の情報を迅速に受け取ることができます。

バッチ処理を用いた連携

バッチ処理は、一定の時間やトリガーに基づいて大量のデータをまとめて処理する手法です。
毎日のレポート生成や、月末の集計作業など、定期的な処理を自動化する場面で重宝します。
一度に大量のデータを取り扱うことが可能であるため、リソースの効率的な利用が実現します。

データベースとの連携

データベース間の連携では、SQLクエリを利用して特定のデータを選択、取得、更新することが可能です。
これにより、複雑なデータの関連性や条件を元にした情報の取得が行えます。
また、トランザクションを利用して、データの整合性を高いレベルで確保することもできます。

ファイル形式での連携

CSV、TSV、固定長ファイル、XML、JSONなどのファイル形式を利用した連携は、異なるシステムやプラットフォーム間でのデータの移動によく用いられます。
これらのフォーマットは、システムの違いを越えて広く受け入れられており、中間フォーマットとしての利用や、一時的なデータのバックアップ、転送に適しています。

RPAによる自動化と連携

RPA(Robotic Process Automation)は、人の操作を模倣することで業務プロセスを自動化する技術です。
特にAPIがなく、バッチ処理が適用困難な古いシステムや、人間中心の業務に効果を発揮します。
GUI操作の自動化はもちろん、Eメールの自動送受信やExcel操作など、多岐にわたるタスクの自動化が可能です。


システム連携の現場ごとに実現方法は多様であり、それぞれの方法には特有のメリットとデメリットが存在します。
ビジネスの要件やシステムの特性を正確に把握し、最適な連携手法を選択することが、効果的なシステム連携を実現する鍵となります。

    セキュリティを重要視したシステム連携

    DXが進む現代において、システム間のデータ連携は不可欠なものとなっています。

    しかし、この連携が増えることで、セキュリティリスクも増大します。正確かつ安全なデータのやり取りを実現するためには、セキュリティを重視したアプローチが求められます。

    システム間のデータ連携におけるセキュリティリスクとチャレンジ

    システム間の連携は、データ流出や改ざん、第三者によるアクセスなどのセキュリティリスクが伴います。
    特に、公開APIを使用した連携や、外部クラウドサービスとの連携には注意が必要です。

    また、異なるシステムやベンダーが持つセキュリティポリシーの違いも、連携が複雑になる原因となります。

    セキュアな連携のための手法やツール

    セキュリティを確保するための連携手法としては、暗号化、OAuthやSecret Keyベースの認証、IPアドレス制限などが挙げられます。
    また、Webサービスに対するファイアウォールを設置し、不正なアクセスを監視・遮断するツールも効果的です。

    連携先ごとのセキュリティ対策の違い

    連携先のシステムやサービスによって、必要なセキュリティ対策は異なります。
    例えば、金融関連のシステムと連携する場合、厳格なデータ保護基準や規制が存在することが多いため、高度な暗号化技術や二要素認証が要求されることがあります。
    一方、社内の別部門のシステムとの連携であれば、VPNを利用したセキュアなネットワーク内での連携が選択されることもあります。


    連携を進める際には、セキュリティ対策を検討し、ビジネスの特性、フェーズに合った必要十分な対策をすることが求められます。
    セキュリティを確保しつつ、効率的なデータ連携を実現するための取り組みは、今後のビジネスの成長と共にさらに重要となるでしょう。

    システム連携の新たな挑戦

    DXの進展とともに、システムの物理的・論理的な配置も大きく変わってきました。
    この変化がもたらすシステム連携の新たな挑戦について考察します。

    オンプレミス、クラウドなどのシステム分散の現状

    近年、従来のオンプレミス中心のシステム構成から、クラウドを活用した分散型のシステム構成へとシフトが進んでいます。
    クラウド技術は柔軟なリソース管理やコスト効率をもたらしますが、同時に異なるクラウドプロバイダ間のデータ連携の必要性も生じています。

    分散したシステム間での効果的なデータ連携の方法

    分散環境では、APIを活用したデータ連携が一般的です。
    RESTful APIやgRPCなど、効率的なデータ連携を実現するプロトコルや規格が多数存在しています。
    また、イベント駆動型のアーキテクチャを採用することで、リアルタイム性を持った連携も可能となります。

    分散環境でのデータ連携のポイント

    分散環境では、各システムが取り扱っているデータのフォーマットが異なるためデータの一貫性を保つための変換が必要となります。
    またデータの種類による処理の分岐等も重要な課題となります。


    今後もシステムの分散は進むでしょう。
    この新たな環境においても、効果的なシステム連携を実現するための技術や手法の選択が企業の競争力を高める鍵となります。

    システム連携で重要視される運用監視と障害対応

    デジタル化の進行とともに、システム間の連携はビジネスの中心となっています。
    その連携の一部が断たれるだけで、全体の業務フローに支障をきたす可能性が高まります。
    これを避けるために、運用監視と障害対応が極めて重要となっています。

    初期段階での問題検知の重要性

    システム連携の問題が初期段階で検知されれば、業務への影響を最小限に抑えることが可能です。
    また、早期の検知は問題の特定と修復を迅速に行うことを可能にし、業務の中断時間を短縮することができます。

    複数のサービスとシステム連携している際の障害切り分け

    多くのサービスやシステムが連携している状況で障害が発生した場合、その原因を特定することは複雑となります。
    各システム・サービスのログ情報や通信データを分析することで、障害の発生源を追跡し、適切な対応を行う必要があります。

    運用監視のコスト

    システム連携の監視を効果的に行うためには、専用のツールやシステムの導入、人的リソースの投入が必要となります。
    しかし、障害が発生した際の経済的損失やブランドイメージの毀損を考慮すると、これらには投資する価値があります。


    運用監視と障害対応の適切な実施は、システム連携の持続的な安定性を保つ上での鍵となります。

    まとめ

    システム連携の新たなスタンダード

    システム連携の要求は日増しに高まっています。
    その中で、APIベースのリアルタイムな連携やクラウド間、オンプレミスとクラウドとの連携、運用監視と障害対応など、多岐にわたる課題が浮上しています。
    この複雑なニーズに答えるのが「BizteX Connect」です。

    BizteXは、日本初のクラウドRPAベンダーとして活動を開始し、6年以上にわたりお客様の業務課題の解決をサポートしてきました。
    この実績を基盤に、iPaaS(Integration Platform as a Service)の「BizteX Connect」を開発・リリースし、既に3年半の運用実績を有しています。
    BizteX Connect」の導入により、多岐にわたるSaaSのAPI連携はもちろん、クラウドとオンプレミスの間の円滑なファイル連携を容易に実現しました。

    BizteX Connect」の特徴には、以下のようなものがあります。

    • さまざまなサービスとの連携や運用監視において、BizteXが初期段階からの障害検知と、迅速な一次切り分けを担当することで、お客様の運用負担を大きく軽減することが可能
    • 各種暗号化技術やOAuth等の認証技術を通じて、データ連携の安全性を確保し、セキュアな連携を追求しながら、業務を効率化することが可能
    • 分かりやすいユーザーインターフェースで、非エンジニアでも直感的な操作で設定や運用が可能
    • 契約にはテクニカルサポートによる無制限チャットサポートが含まれているため、設定時の疑問点や問題に迅速に対応可能なため、IT部門の負担が軽減される

    以上の特徴からも、「BizteX Connect」は現代のビジネス環境で増え続けるシステム連携の課題に対する最適なiPaaSソリューションと言えるでしょう。

    LINEで送る
    Pocket

    この記事の執筆者

    袖山 剛のアバター
    袖山 剛

    SIerでキャリアをスタートし、その後大手向けERPパッケージ開発ベンダーからBizteXをCTOとして共同創業、現在は取締役VPoE
    キャンプ・ゴルフ好き

    • URLをコピーしました!
    目次