プロセスマイニングとは?意味やBPMとの違いをわかりやすく解説

いまRPAでの効率化は勿論、その先のプロセスマイニングが注目を集めています。プロセスマイニングは企業内業務システムに蓄積されたイベントログ等のデータを基に部門をまたぐ業務プロセスの処理パターンを可視化、分析する製品です。プロセスに関わる工数算出や処理やボトルネックの抽出等を通して全社規模での業務改善を支援します。

LINEで送る
Pocket

目次

日本国内のプロセスマイニング市場規模推移および予測

ITRのシニアアナリスト・舘野氏が発表した国内のプロセスマイニング市場規模推移および予測では「プロセス・マイニングは、業務プロセスのデジタル化や自動化を推進するための主力ソリューションのひとつとして認知されるようになり、国内でもエコシステムが形成されつつあります。製品・サービスの機能も強化され、現状分析にとどまらbbうず、改善箇所の提案や必要なアクションの実行までカバーするようになってきています。今後も、DXに向けた業務改善のためのプラットフォームとして、大企業を中心に導入が進むと見られます」とコメントをしています。

プロセスマイニング市場の2020年度の売上金額は5億3,000万円、これは前年度比253.3%増の急速な伸びを示しています。いち早く市場に参入したCelonis社とCognitive Technology社(国内総販売元:ハートコア)の2社が市場をけん引し市場認知度が高まっているのです。

コロナ禍において業務プロセスの可視化や効率化の重要性が高まっていることから、プロセスマイニング市場は2025年度には40億円、そしてCAGR(2020~2025年度)は49.8%の高い伸びを予測しています。

「プロセスマイニング」の言葉の意味

そもそも「プロセス」とは

プロセスとは、「開始」から「終了」までの業務処理が進行する中で繰り返される一連のアクションであったりステップのことです。プロセスを把握することで、フローを確立し、維持することが可能になります。

プロセスマイニングとは

プロセスマイニングとは、2010年代に欧州で生まれた概念および技術です。業務プロセスの本質を見直し刷新を図る動きを指します。

企業が保有・活用する業務管理ツールが抱えるイベントログデータから業務プロセスを再構築し、業務の可視化やデータ分析、モニタリングを可能にします。プロセスマインングでは、「データマイニング」といったデータを基盤とする分析技術が重要です。

プロセスマイニングは、データマイ二ングの一歩先

データマイニングでは、特定された課題や障壁に特化し実行します。そしてプロセスマイニングは、ビッグデータを分析し、ビジネスにおける課題の解決であったり意思決定をサポートするという点でデータマイニングとよく似ています。

さらにプロセスマイニングは、イベントログデータに特殊なアルゴリズムを適用し、特定された単一作業の非効率性に焦点をあてるのではなく、プロセス全体がどのように進められているかといった傾向やパターンを詳しく特定します。

【関連記事】>>タスクマイニングとは?RPAとの関係やプロセスマイニングとの違いもわかりやすく解説

 プロセスマイニング=プロセスの効率化はなぜ重要か

ほとんどの企業では、プロセスが最大限に効率化されていない・実行されてはいないという現状を把握できていません。業務を遂行するうえでは、すべてのプロセスやステップ、業務担当者の動きに目を向ける必要があります。

たとえば売上などの数字情報をシステムに入力するさいには、部門が異なることで活用している業務管理システムが異なり、入力や格納作業など同じ数字情報の重複処理が発生している場合も多いでしょう。非効率的であることはいうまでもなく、これらを効率的に処理することができれば、自社の提供サービス品質向上や顧客関係値強化など収益を促進するための時間をより多く確保することが可能になります。

つまり、イベントログをもとに業務の可視化をおこない、業務の遂行を妨げるボトルネックを特定することで、特定された問題点に対する改善を可能にしプロセスの効率化をおこなうことで、DX推進や生産性向上、ガバナンスの強化に役立てられるようになるのです。

▼プロセスマイニング分析対象例

個人/部門/組織間を跨ぐ分析が可能

▼分析ログ例

ERPやCRM、SCM、WMS、BPMなどの業務システムログ

▼ログデータ軸例

  • 受注から入金、発注から振込、調達から支払いといった業務案件プロセス
  • システム操作画面のアクション
  • 時間
  • コスト
  • 業務
  • BIデータ

ビジネスプロセスマネジメント(BPM)との違い

プロセスマイニングと混同されがちなのが、ビジネスプロセスマネジメント(BPM)システムです。プロセスを重視することから両者を同一に捉えられがちですが、この2つには大きく異なる点があります。

プロセスマイ二ングでは過去から現在の事実ベースのリアルタイム分析が可能になる

プロセスマイニングでは、機械学習やデータマイニングといったデータ分析技術を活用することから、すべてのログデータを可視化し分析します。蓄積された過去データから現在までのあらゆるイベントログをもとに自動で可視化するため、仮設を立てた検証ではなく、事実ベースのリアルタイム分析が可能になります。

一方でビジネスプロセスマネジメント(BPM)は、担当者へのヒアリングや業務プロセスの洗い出しを手作業でおこなうケースがほとんどです。調査時点のデータから仮設をたてて分析するため、業務の可視化や分析に多くの時間がかかります。さらに仮設も一過性のもとして扱われることが多いため、継続的な業務改善の基盤になりにくいとされています。

プロセスマイニングは、機械学習やデータマイニングからなり、あらゆる業務領域のプロセス群を向上させる新たな手段を提供するものです。各所に偏在するイベントデータを採掘していくことで、仮説ではなく、データが提示する事実に基づいた診断を可能にします。

【関連記事>>】データサイエンスとは?データ収集や分析を効率化

無料で使えるプロセスマイニングツール

世界初の無料でオープンなプロセスマイニングプラットフォーム Celonis Snap

https://www.celonis.com/jp/

Celonis EMSは、カスタマー・オペレーション、ファイナンス&アドミニストレーション、サプライ&ディストリビューション、プロダクト&サービスの各分野において、業務実行上のギャップ(阻害要因)を解消し、実行能力を向上させるツールです。

【まとめ】プロセスマイニングとは?

プロセスマイニングでは、機械学習やデータマイニングといったデータ分析技術を活用することから、すべてのログデータを可視化し分析します。蓄積された過去データから現在までのあらゆるイベントログをもとに自動で可視化するため、仮設を立てた検証ではなく、事実ベースのリアルタイム分析が可能になります。まずは無料ツールで実際に経験してみるとよいでしょう。

ツール導入前に、まずは無料で利用できる「業務自動化診断レポート」

業務課題の解決や効率化・自動化をおこなうには、まず現状の組織の課題を把握する必要があります。
部署単位でそれぞれがどのような業務をおこなっているのか、どの業務にどれほどの工数を割いているのかを把握しなければ、業務効率化や業務自動化をすすめることはできません。

業務自動化診断レポートでは、ふだんの業務のムリ・ムダ・ムラを大まかに可視化します。さらに、それらを削減するためのアイデアを提供します。

【関連記事】>>「業務自動化診断レポート」を活用して労働生産性向上と無駄な作業を可視化しよう

無料で利用できる「業務自動化診断レポート」のお申し込みはこちらから

実施の方法は簡単で、 10問程度のアンケートにお答えいただくだけです。

社内業務体制の見直し時にもご活用いただける診断レポートを、お申し込み後最短翌日に、提出いたします。

>>「【無料】業務自動化診断レポート」の資料をダウンロードする<<


業務改善や業務効率化・自動化を図るにあたって、

  • チームメンバーの業務課題がわからない
  • 自動化できる業務を知りたい
  • 負荷の高い業務が何かわからない
  • 各業務の効率化の方法がわからない
  • 業務効率化の方法を知りたい
  • 自動化のシステムがわからない
  • 部内外の業務内容を把握したい

――こんなお悩みをお持ちの場合は、ぜひ本サービスをお役立てください。

【問い合わせ】データ収集・分析作業の効率化や自動化について【相談無料】

DX hackerは、業務自動化ツールを開発するBizteXが運営しています。増えすぎたSaaSツールの連携や基幹システムとクラウドシステムをまたぐ業務自動化など、新たな業務フローの構築をご検討中の方はお気軽にご相談ください。データ収集・分析作業の効率化や自動化、業務改善に関することなど、御社のお悩みをお聞かせください。

セミナーのご案内

LINEで送る
Pocket

この記事の執筆者

DX hacker編集部のアバター
DX hacker編集部

DX hacker編集メンバーが不定期で更新します。
DX推進や業務自動化に役立つ最新情報やすぐに使えるノウハウまで、わかりやすくご紹介します。

  • URLをコピーしました!
目次