リスキリングとは?意味や注目される理由、メリットを解説

リスキリングとは

経済産業省から提唱されたリスキリング。リスキリングへの取り組みについては、日本企業だけでなく海外企業においても注目が高まっています。本記事では、リスキリングとはいったい何か。その言葉の意味や注目される理由やメリット、学びたいスキルやリスキリングに役立つ資格についてわかりやすく簡単に解説します。

LINEで送る
Pocket

目次

リスキリングとは?

リスキリングとは、「新しい職業に就くために、あるいは、今の職業で必要とされるスキルの大幅な変化に適応するために、必要なスキルを獲得する/させること」をいいます。

DXが推し進められる近年では、デジタル化と同時に生まれる新しい職業であったり、仕事の業務フローが大幅に変わるであろう職業に就くためのスキル習得を指す場合が多いです。

例えば、商品の製造や事務・経理業務などは、ロボットやIT技術が担うケースが増えています。そして、これにより新たに必要となるのが、ロボット内のプログラムを設計できる人材や社内システムを管理する人材です。

この場合のリスキリングとは、ロボットやシステムといったデジタル技術に関係するスキルや知識を習得することです。

業種業態を問わずにDX推進がすすむいま、リスキリングへの注目はますます高まっていきます。

リスキリングとリカレントとの違い

●リスキリング

企業が新しいスキルを従業員に身につけてもらうこと

●リカレント

大学に入り直すなど、比較的自らの意思によって新たなスキルを身につけること

リスキリングに注目が集まる大きな2つの理由

これまでリスキリングとはどのようなものかをお伝えしましたが、実際に注目が集まったのにはどのような理由からなのでしょうか。

これには大きく2つの理由があげられます。それが新型コロナの流行における働き方の変化DX推進によるものです。

①新型コロナの流行による働き方の変化

新型コロナの流行により、働き方が大きく変わったという企業はすくなくありません。働く場所がオフィスから自宅へ変わるだけでなく、取引先との商談が対面からオンラインになり、さらに会議資料は紙から電子化されるなどこれまでの働き方の刷新を余儀なくされた企業は多いです。新たなツールやシステムの導入により、リスキリングへの取り組みを考える必要性が高まったといえます。

②DX推進

DXとは、社内のデジタル化を進める取り組みのことです。経済産業省によると“企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や 社会のニーズをもとに、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務その ものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること”と定義づけられています。
DXを実際に業務内で実践するには、ツールやシステムを使いこなすためのある程度のITリテラシーが必要になります。

さらに、世界経済会議(2020年)では、「2030年までに地球人口のうち10億人をリスキリングする」と発表されています。これも国内外の多くの企業がリスキリングへの取り組みに感心を寄せるきっかけとなったと考えられます。

【関連記事】>>DXとは

【関連記事】>>【2021年版】DXを本で学ぶおすすめ書籍

【関連記事】>>【2022年版】DXを本で学ぶおすすめ書籍

リスキリングに取り組むメリット

①新たなアイデアが生まれる

リスキリングに取り組むことで、新たなスキルを習得することが可能になります。これにより、新しいアイデアやサービスの創出が期待できます。

②業務効率化がすすむ

DX推進によるリスキリングでは、業務効率化が期待できます。これにより、よりクリエイティブな業務に時間をさけるだけでなく、残業時間の削減や安定した働き方による社員定着率の向上にも寄与するでしょう。

リスキリングで学びたい「スキル」とは?

2022年3月に株式会社学情が20代の転職希望者216名を対象に「リスキリング」に関するアンケートを実施しました。そのアンケート結果によると、およそ8割以上の20代が「リスキリングに取り組みたい」と回答するなかで、さらにリスキリングで身に着けたいスキルについては、プログラミングスキルが最も多く、次いでマーケティングスキルがの習得jを希望する人が多い結果となりました。

※引用元:株式会社学情

①プログラミングスキル

リスキリングが注目されている主な理由として、DX推進が挙げられます。IT技術活用が進む中で、最も代表的であるプログラミングスキルを希望する人が多いようです。

プログラミングスキルを習得することで、ロジカルな考え方であったり課題を解決する能力を培うことができるほか、効率的な業務遂行を実行する能力の習得も可能になるでしょう。

②マーケティングスキル

マーケティングスキルのなかでも、特にデジタルマーケティングに感するスキルはいま重要視されています。インターネットの普及で、BtoCはもちろんBtoBにおいてもSNやメール、インターネットを介したデジタルなマーケティングは重要とされています。

マーケティングスキルを培うことでデータ分析能力のほか、顧客心理の理解深めることが可能となり、収益最大化に寄与する人材となるでしょう。

リスキリングに活用できる資格

リスキリング時に役立つスキルを取得できる資格についてです。
下記のような資格を取得を目標とすることでリスキリングに役立たせることも可能です。

①MOS(Microsoft Office Specialist)

?おすすめ
MOSとは、Microsoft Office Specialistの略称で、マイクロソフト社のWordやExcelの習熟度をはかることができる資格です。MOSは、スペシャリストとエキスパートに分けられており、実用的なスキルを習得していることを証明します。さらに独学での合格も目指せることから手軽に受験・取得できる資格といえるでしょう。

②VBAエキスパート

?おすすめ
VBAエキスパートはExcelやAccessといったVBAに関する資格です。マイクロソフト社が実施するMOSよりも何度が高いとされています。

③ITパスポート

?おすすめ
国家資格に分類される資格にITパスポートがあります。ITパスポートは、情報処理関連の資格として位置付けられており、情報社会である現代のビジネスパーソンには必要な基本知識の習得が可能になります。

【関連記事】>>ITパスポートとは?どんな試験?

④AWS認定資格(Amazon Web Services)

AWSは、ベーシック・アソシエイトレベル・プロフェッショナルレベル・ソリューションアーキテクト・DevOps エンジニアといった12の専門知識認定で構成されています。
AWSを活用してアプリ開発を進めたいと考えるエンジニアには得に役立つ資格ではないでしょうか。

DX hackerでは随時リスキリングに関する情報を更新していきます

\今すぐ無料でダウンロード/

DX実行戦略 RPAで拡がる自動化の可能性

>>オフィス業務のヒューマンエラーの原因とは。防止する3つの有効な対策を解説!

>>BizteX robop製品ページはこちら
>>BizteX cobit製品ページはこちら

【問い合わせ】DX推進、リスキリングについてのご相談はこちらから

DXhackerを運営する株式会社BizteXでは、DXを推進する業務自動化ツールの開発・提供をしています。
BizteXが提供する国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」、デスクトップRPA「robop」、SaaSとSaaSと繋ぐiPaaS「BizteX Connect」は、さまざまな業務管理ツールをまたいで業務自動化を実現するDXツールです。部署内業務の効率化はもちろん、他部署との連携も効率化します。

業務効率化や業務自動化、デジタラルトランスフォーメーションに関することなど、御社のお悩みをお聞かせください。

セミナーのご案内

LINEで送る
Pocket

この記事の執筆者

DX hacker編集部のアバター
DX hacker編集部

DX hacker編集メンバーが不定期で更新します。
DX推進や業務自動化に役立つ最新情報やすぐに使えるノウハウまで、わかりやすくご紹介します。

  • URLをコピーしました!
目次