チャットGPTに聞いてみた。ChatGPTとは?懸念やビジネス活用での注意点・課題とは?

2022年11月に登場した(チャット)GPT。ChatGPTを簡単に説明すると、OpenAIが開発した対話型AIチャットボットです。入力された質問に対して、あたかも人間が対応しているようにAIが回答してくれます。本記事では実際にChatGPTに対して、「チャットGPTとは何か」誕生秘話や注意点について聞いてみました。

LINEで送る
Pocket

目次

ChatGPTとは?

▲OpenAI :ChatGPTを開発https://openai.com/

ChatGPTとは、入力された質問に対して、あたかも人間が対応しているようにAIが回答してくれるチャットサービスです。ユーザーの質問に対する回答の精度の高さが話題となりました。2023年2月にはアクティブユーザーが1億人を超えています。

ChatGPTの仕組み

ChatGPTは、膨大な量のテキストデータを与えて学習させる大規模言語モデル(Large Language Model)と呼ばれるAI技術を活用しています。
インターネット上の膨大なデータを集積することで、ユーザーからの質問に的確に回答できるようになります。さらに、質問を通じてプログラミング言語によるソースコードを生成することもでき、さらにはバグを修正することも可能です。

本記事では、そんなChatGPTに、ChatGPTとはいったい何なのかを質問してみました。

【関連記事】ChatGPTをビジネス活用!API連携で業務を自動化する方法と注意点【BizteX Connect】

ChatGPTに聞いてみた

ChatGPTについて深く知るために、直接ChatGPTに質問をしてみました。

「インタビューさせてください」

はい、おっしゃっていただければお答えします。

「まずはChatGPTの誕生秘話について教えてください」

こんにちは!私、ChatGPTは、OpenAIが開発した大規模言語モデルの1つであり、GPT-3.5アーキテクチャに基づいています。私が開発された背景には、OpenAIが自然言語処理の分野で最先端の研究を行い、新しい技術や導入を開発することによって、人工知能の発展に貢献することを目的としています。

私は、OpenAIがGPT-3という言語モデルを開発した後、より大規模で高度な性能を持つモデルを作ることを目的として、その改良版として制作されました。を開発するために多くの努力をし、多大な時間とリソースを費やしました。

私は、膨大なデータセットやデータベースな計算能力を利用して、言語理解の能力を向上させ、さまざまなタスクを実行することができます。私の能力を活用することで、自然言語処理の分野で新たな進歩が生まれ、人工知能の未来に大きな影響を与えることが期待されています。

「ChatGPTとは?」

チャットGPTは、OpenAIが開発した自然言語処理に基づく大規模な言語モデルの一つであり、人工知能の一種です。GPTは「Generative Pre-trained Transformer」の略称で、大量の自然言語データを学習して、人間のような文章生成や文章理解、質問応答などのタスクを行うことができます。

チャットGPTは、特に人と対話するためのモデルとして開発されており、自然な文章を生成し、人間の発話に応答することができます。これを利用することで、カスタマーサポートや情報検索、教育支援など、様々な分野でのコミュニケーション支援に役立てることができます。

ただし、チャットGPTは人工知能の一つであるため、あくまでもプログラムされたルールやデータに基づいて動作することに注意が必要です。また、偽情報や人工知能の限界など、課題も存在しています。

「ChatGPTの構想はいつから練られていた?」

ChatGPTの具体的な構想がいつから練られ始めたかは、公式発表などで詳細に明らかにされていないため、正確なところはわかりません。ただ、ChatGPTはGPT-3の発展形として、自然言語処理技術を用いた対話型AIの実現を目指したものであり、GPT-3の発表が2020年6月であったことから、それ以降の時期からChatGPTの構想が具体化し、開発が進められたと考えられます。

「OpenAIがChatGPTを開発した目的は何ですか?」

OpenAIがChatGPTを開発した目的は、人工知能技術の進歩を促進し、自然言語処理の分野において革新的な成果を生み出すことにあります。

具体的には、ChatGPTを用いて、自然言語処理における言語モデルの精度向上を目指すことで、人間のような文章生成や文章理解、質問応答などのタスクを自動化することを目的としています。

OpenAIは、ChatGPTの開発によって、自然言語処理技術の進歩を促し、より高度な自然言語処理を実現することで、人々の生活やビジネスの分野での利用を促進することを目指しています。

また、OpenAIは、ChatGPTを用いて、新しい自然言語処理技術の開発を促進することも目的としています。ChatGPTは、オープンソースで公開されており、研究者や開発者が自由に利用して改良することができるため、自然言語処理の分野における革新的なアイデアや手法の開発を促進することが期待されています。

「ChatGPT開発時のペルソナはどのようなものでしたか?」

ChatGPTの開発にあたり、OpenAIの研究者たちは、自然言語処理技術の向上を目的として、幅広い利用者層を想定していました。そのため、開発時のペルソナは、一般的な人々が利用することができる自然言語処理システムであることが求められていました。

具体的には、ChatGPTを活用することで、以下のような目的を持つ利用者が想定されていました。

  • 情報収集や質問応答を行う一般のユーザー
  • クライアントや顧客とのビジネスコミュニケーションを円滑に行いたい企業や組織のメンバー
  • 医療や教育、エンターテインメントなど、様々な分野で自然言語処理技術を活用したアプリケーションを開発したい開発者

開発者たちは、こうしたペルソナを想定しながら、ChatGPTの学習データを構築し、モデルの精度向上に努めていました。

「ChatGPTが悪用されることはありますか?」

はい、残念ながらChatGPTが悪用される可能性はあります。ChatGPTは大量の自然言語データを学習することにより、人間のような文章生成や文章理解、質問応答などのタスクを行うことができます。そのため、例えば偽情報を拡散するための自動化されたスパムメッセージや詐欺的な情報を広めるための自動化された詐欺行為など、悪意ある目的で使用される可能性があります。

また、ChatGPTを悪用することで、人工知能による攻撃も可能です。例えば、ChatGPTを利用して、特定のユーザーのプライバシーを侵害するために偽のフィッシング攻撃やスパムメールを送信することができます。

これらの問題に対処するために、ChatGPTの適切な使用や悪用を防止するためのルールや規制が必要です。また、技術的な対策や法的な対策も必要です。OpenAIなどの開発者は、技術の発展と同時に悪用を防止するために、セキュリティに対する注意を高めていることが報告されています。

「ChatGPTで実行不可能なことはありますか?」

ChatGPTは非常に高度な自然言語処理技術を使用しており、様々な種類の対話や文章生成において高い精度を発揮していますが、それでも実行不可能なことがある場合があります。例えば、以下のような場合が挙げられます。

  1. ChatGPT自身が知らない事柄についての問い合わせ:ChatGPTは学習データに基づいて応答を生成するため、学習データに含まれない情報や知識については回答できないことがあります。

  2. 論理的な推論や専門的な知識が必要な場合:ChatGPTは一般的な対話をすることを目的としており、論理的な推論や専門的な知識が必要な場合は、十分な精度で回答を生成することができない場合があります。

  3. 不適切な要求や人工的な攻撃:ChatGPTは、自然な対話に対応するように設計されていますが、不適切な要求や人工的な攻撃によって正しい回答を生成することができない場合があります。

以上のような場合は、ChatGPTの応答精度が低下することがあります。

「ChatGPTの情報の正確性はどの程度ですか?」

ChatGPTは、訓練時に使用されたデータセットやその他の情報源に基づいて生成された情報を提供します。そのため、知識の正確性は提供されたデータの正確性に依存します。ただし、ChatGPT自体は情報の正確性を保証するものではありません。

ChatGPTはインターネット上の大量の情報を学習した結果、幅広いトピックについて一般的な知識を持っていますが、最新の情報や特定のドメインに関する専門知識については、訓練時のデータに基づいているため、限定的な場合があります。

したがって、ChatGPTの回答は参考情報として提供されるべきであり、確実な正確性が必要な場合には、信頼性の高い情報源や専門家の助言を参照することが重要です。情報の正確性を確認するためには、複数の情報源を参照し、判断を下すことが推奨されます。

「ChatGPTが理想とする、ChatGPTの使い方は何?」

ChatGPT自体が理想とする使い方というものは存在しません。ChatGPTはユーザーの要求に応じてインタラクティブな対話を提供するためのツールであり、その使い方は利用者や個々の目的によって異なります。

ただし、以下のような一般的なガイドラインがChatGPTの使い方に関して推奨されています:

  1. 補完的なツールとして利用 ChatGPTは人間の知識や判断を補完するためのツールとして使用することが推奨されます。人間の専門知識や経験と組み合わせることで、より良い結果を得ることができます。

  2. 正確性と信頼性の確認 ChatGPTが提供する情報は参考情報として提供されるべきであり、正確性を確認するために信頼性の高い情報源や専門家の助言を参照することが重要です。

  3. 制御と監視 ChatGPTの使用時には、適切な入力と出力の制御を行い、生成された回答を監視することが重要です。不適切なコンテンツや悪意のある情報の拡散を防ぐために、適切なフィルタリングやモデレーションが行われるべきです。

  4. エンターテイメントや創造性の促進 ChatGPTは創造的な表現やエンターテイメントの目的で使用されることもあります。ストーリーの生成やゲームの対話インタラクションなど、ユーザーの楽しみや創造性を促進するために活用されます。

総じて言えることは、ChatGPTの使い方は利用者の目的や倫理的な観点によって異なるため、個別のケースに応じて適切な使い方を検討する必要があるということです。

チャットGPTに聞いてみたビジネスとの親和性

「ChatGPTが活躍するのはどんな業種?」

ChatGPTは自然言語処理の分野での活躍が期待されており、以下のような業種での利用が考えられます。

  1. カスタマーサポート業務 ChatGPTを利用することで、自動応答システムを実現し、カスタマーサポート業務の効率化やコスト削減が可能になります。
  2. マーケティング業務 ChatGPTを利用することで、自然言語処理による分析や、購入意向の予測、顧客のニーズ分析などが可能になります。
  3. メディア業界 ChatGPTを利用することで、記事の自動生成や、記事の要約、翻訳などが可能になります。
  4. 医療業界 ChatGPTを利用することで、医療情報の自動分類、医療機器の故障診断、医療カルテの自動生成などが可能になります。
  5. 金融業界 ChatGPTを利用することで、自動審査システムの実現や、顧客の金融商品への興味や傾向の把握などが可能になります。

なお、ChatGPTは自然言語処理技術の最新の進歩の一つであるため、今後さらなる活用分野が出てくる可能性があります。

「ChatGPTの活用事例を教えてください」

ChatGPTは多様な活用事例があります。以下にいくつかの一般的な活用事例を挙げます。

  1. カスタマーサポート ChatGPTは、カスタマーサポートのオートメーションに役立ちます。ユーザーの質問や問題に対して即座に回答を提供し、解決策を提案することができます。

  2. 情報検索と質問応答 ChatGPTは巨大な知識ベースを持っており、ユーザーからの質問に対して適切な回答を提供できます。具体的な情報や手順、事実などに関する質問に対して高度な応答を生成します。

  3. 会話インターフェース ChatGPTは、ユーザーとの対話型インタラクションに使用することができます。チャットボットや仮想アシスタントとして利用され、ユーザーの質問や要求に対して自然な対話を行うことができます。

  4. コンテンツ生成 ChatGPTは文章生成の能力に優れており、ブログ記事、ニュース記事、クリエイティブなストーリーなどのコンテンツ生成に活用されます。生成される文章は、特定のトピックやスタイルに基づいて調整することも可能です。

  5. 言語学習と翻訳支援 ChatGPTは、言語学習や翻訳の補助として使用することもできます。例えば、文法や語彙に関する質問に回答したり、異なる言語間での翻訳支援を行ったりすることができます。

これらは一部の一般的な活用事例ですが、ChatGPTは柔軟で多目的なツールであるため、他にもさまざまな領域で活用されています。実際には、企業や個人が自分たちのニーズに合わせてカスタマイズし、応用することも可能です。

「ChatGPTのみで企業運営は可能ですか?」

ChatGPTは自然言語処理技術を活用して人工的な対話を行うためのツールであり、企業運営全体を支えるだけの機能を持っているわけではありません。そのため、企業運営を完全にChatGPTのみで行うことは現実的ではありません。ただし、ChatGPTを活用することで、顧客対応やFAQ回答などの一部の業務を自動化することが可能になり、従業員の業務負荷を軽減することができます。また、ChatGPTを活用することで、顧客とのコミュニケーションをより円滑にし、顧客満足度の向上につなげることができます。企業運営においては、ChatGPTを含めた様々なツールやシステムを組み合わせて、業務の効率化や品質の向上を目指すことが必要です。

「ChatGPTのセキュリティ強度はどれくらいですか?」

ChatGPTのセキュリティ強度は、OpenAIが様々なセキュリティ対策を講じているため、高いと言えます。OpenAIは、ChatGPTの利用において、以下のようなセキュリティ対策を講じています。

  1. データの取り扱いに関するルールの導入: OpenAIは、データの収集、保管、処理に関するルールを導入しています。例えば、個人情報や機密情報を含むデータの取り扱いには、特別な注意が払われています。
  2. アクセス制御の導入: OpenAIは、ChatGPTにアクセスできるユーザーを限定しており、必要に応じてアクセス制御を導入しています。
  3. モデルの監視とアップデート: OpenAIは、ChatGPTの運用中にモデルの監視を行い、異常な動作が検知された場合には、適切な対応を取っています。また、新しい脅威に対しても適宜アップデートを行っています。
  4. ハッキング対策: OpenAIは、ChatGPTのサーバーに対するハッキング攻撃を防止するために、セキュリティ対策を実施しています。

以上のような対策が講じられているため、ChatGPTのセキュリティ強度は高いと言えます。ただし、完全にセキュリティリスクがないわけではないため、利用者自身も適切なセキュリティ対策を講じることが重要です。

「ChatGPTのビジネス活用における懸念点は?」

ChatGPTのビジネス活用における懸念点としては、以下のようなものがあります。

  1. 偽情報の拡散 ChatGPTは、大量の自然言語コーパスから学習した文章生成モデルであるため、偽情報を含む文章を生成する可能性があります。ビジネスでChatGPTを利用する場合、偽情報を拡散するリスクがあるため、情報の正確性や信頼性について慎重に検討する必要があります。
  2. 倫理的な問題 ChatGPTが生成した文章が人間が書いた文章と区別がつかなくなると、倫理的な問題が発生する可能性があります。例えば、ChatGPTを利用して、誰かの個人情報を収集するためのフィッシング攻撃を行うような悪意のある利用が考えられます。ビジネスでChatGPTを利用する場合、倫理的な問題についても十分に検討する必要があります。
  3. プライバシーの問題 ChatGPTを利用する際には、大量のデータが必要であり、そのデータは個人情報を含むことがあります。そのため、ChatGPTのビジネス活用においては、データの収集と管理について適切なセキュリティ対策を講じる必要があります。
  4. 技術的な問題 ChatGPTは、非常に高度な自然言語処理技術を用いたモデルであり、ビジネスで利用するには高度な技術的な知識が必要です。また、大量の計算リソースが必要であるため、コストの問題もあるかもしれません。

以上のような懸念点があるため、ビジネスでChatGPTを利用する際には、これらの問題について十分に検討し、適切な対策を講じる必要があります。

「ChatGPTのビジネス活用での注意点は?」

  1. セキュリティーに関する対策が必要 ChatGPTは、自然言語処理技術を活用したツールであり、不正なアクセスや悪意のある利用者による攻撃を受ける可能性があります。そのため、ChatGPTを利用する際には、十分なセキュリティー対策を講じる必要があります。

  2. モデルの適用範囲を考慮する ChatGPTは、多様なテキストデータを学習することで、自然言語処理技術を活用しているため、必ずしも全てのテキストに対応できるわけではありません。ビジネス活用する場合には、ChatGPTの適用範囲を適切に設定し、運用することが重要です。

  3. モデルの精度に対する検証が必要 ChatGPTは、学習に使用されたデータに基づいて、予測や回答を行うため、学習データに偏りがある場合、誤った回答を返す可能性があります。そのため、ChatGPTをビジネス活用する際には、モデルの精度に対する検証を行い、常に適切な精度を保つように注意する必要があります。

  4. 倫理的な問題に配慮する ChatGPTを利用する際には、人工知能が対話や回答を行うことによって、倫理的な問題が生じる場合があります。例えば、差別的な表現や偏った情報を提供する場合があります。そのため、ChatGPTをビジネス活用する場合には、倫理的な問題に配慮し、適切な利用方法を確立することが必要です。

ビジネス活用する上で注意したいこと

ChatGPTを今後ビジネス活用する企業は増えてくるでしょう。膨大なデータを学習したうえでの回答ではありますが、偏りが生まれた場合には事実と異なる回答をする恐れがあります。そのため、ビジネス利用をする上でファクトチェックは必須となるでしょう。
さらに、ツールであることから使用中のバグが発生するリスクがあることを念頭に置き、対応策を練った上で活用する必要があります。

【関連記事】>>【業務自動化】APIを使ったGoogleスプレッドシートの連携方法【BizteX Connect】

【関連記事】>>ChatGPTをビジネス活用!API連携で業務を自動化する方法と注意点【BizteX Connect】

BixteX robop 無料トライアルBizteX cobit 無料トライアル

【問い合わせ】業務自動化・効率化のお悩みは、お気軽にご相談ください【相談無料】

DX hackerを運営するBizteXでは、国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」、デスクトップRPA「robop」、システム連携ツール「BizteX Connect」を開発・提供しています。

中小企業さまから大手企業さままで豊富な導入実績があり、万全のサポート体制によりお客さま満足度が非常に高いのが自慢です。

>>クラウド型RPA資料集

>>デスクトップ型RPA資料集

RPAの導入に関するお悩みはもちろん、業務効率化や業務の自動化、業務改善に関することなど、御社のお悩みをお聞かせください。

些細なことでも構いません。ぜひお気軽に下記よりお問い合せください。

セミナーのご案内

LINEで送る
Pocket

この記事の執筆者

DX hacker編集部のアバター
DX hacker編集部

DX hacker編集メンバーが不定期で更新します。
DX推進や業務自動化に役立つ最新情報やすぐに使えるノウハウまで、わかりやすくご紹介します。

  • URLをコピーしました!
目次